スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄の王キム・スロ #1

2010/10/23 (土)  カテゴリー/韓国ドラマた行 鉄の王キム・スロ

#1
後漢に攻められた北方民族の族長キム・ユンは負けを悟り、血統を守るために臨月を迎えた妃チョンギョン妃を逃亡させる。後漢の将軍ユ・チョンに追われた彼女は船に身を隠し、そこで子供を産む。しかし、船は難破して子供を見失ってしまった。子供が死んだと思ったチョンギョンは身投げするが狗耶国の祭司長イビガに救われ、彼から求婚されてとまどう。一方、浜に流れ着いた子供はまだ生きていて、鍛冶職人に拾われていた。

歴史がよく分からん~~!!
狗耶国っていう国が周辺国を統一して伽耶になるってことかなぁ。

ペ・ジョンオクssiって私より年上なんですけど、娘役ってキツクないですか??

イ・ジョンウォンssiは「風の国」のヘミョン太子のまんまで、
歴史的にも近いので勘違いしてしまいそう…

戦闘シーンは3Dっぽく、血がドヒャーってこっちまで飛んできそうなくらい鮮明だったのですが、
お告げの岩はどうしてあんなにショボイのでしょう。
思わずプッと吹き出しちゃったわ。

チョンギョンの子どもは鍛治職人に拾われ、
三人目の子どもも死産してしまった鍛治長の元へ届けられ、
妻のショックを考え、鍛治長の子として育てられるのね。
その事実を知ってるのは、鍛治長と部下と産婆のみ。

チョンギョンはイビガの家で療養することになったのですが、
産婆はチョンギョンが赤子の母だとすぐ気付くのよ。
そして、回復したチョンギョンを鍛治長夫妻に紹介した時に、
鍛治長もハッとするのでした。

チョンギョンを追っていたユチョンはどうなったんだろう?
生きてるのがチラリと映ったけど。
チョンギョンの夫の紋章を持ってたんだけど、難破に遭ったために
それがうまいこと赤ん坊に渡ったのよねー。
あ、だからこの人も真実を知ってるんだ。

敵役になるテガン。
王を立てるならイビガが有力候補らしく、
部族長の父はイビガに逆らうなと言ってるのですが、
なにせもう天に召されそうなほど衰弱してて、
欲の塊のような息子は父の命令など聞きやしない。
9つの部族長を言葉巧みに操って、じぶんが王にと思ってるよう。

「北方から来る子が王になる」とのことでしたが、
それがスロだといつ気付くのでしょう。
日本語でもなかなか面白かったです。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。