スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄の王キム・スロ #5

2010/11/17 (水)  カテゴリー/韓国ドラマた行 鉄の王キム・スロ

#5
自責の念が強くなってきたチョバンは、スロはチョンギョンの子だとイビガに告白してしまう。迷うイビガだったが、チョンギョンがイジンアシを鍛える姿を見て、今はまだ伝えるときではないとチョバンに話す。一方、テガンは鍛冶場を造るという噂を飛ばしてイビガたちに圧力をかけてくる。しかし、タレはまだ製鉄炉を造れないでいた。困ったタレは最高の鍛冶職人と謳われるイルソの話を聞き、彼を探しに百済に旅立つ。


息子を奪われる覚悟でチョバンが打ち明けたのに、
どうも有耶無耶になってしまいそうな気配がします。
祭司長とあろう者が妻に真実を話せないなんて、
伽耶国の行く末を案じてしまうわ。

その頼りないイビガの妻チョンギョンは、漢の使者を過剰な接待でもてなしております。
将来息子を王として認めてもらおうとの魂胆が見え見え。
それに応えてか、漢の王もイビガを伽耶国の王のように扱うからテガンら部族長がカンカン。
鉄を作れないから上位に立てないんだと地団太踏むテガンに、
サチが鉄を作る噂を流そうと悪知恵を吹き込みました。

再び製鉄所に忍び込んだタレ。
チョバンに見つかり、どうしても鉄作りを学びたいと直訴するのですが、
危険な野心がある限り教えることは出来ないと拒絶されてしまうのです。

手に入らないと余計に欲しくなるのが人の性というもの。
製鉄技術取得に執着する息子を見かねた母がイルソのことを教えました。

このイルソっていう人は、チョバンの父に見込まれるほどの腕前で、鍛治長になる予定だったのよ。
だけど、何か行き違いがあって、チョバンが鍛治長になると思っちゃって村を飛び出したみたいなの。
そんな人がタレの説得で伽耶国に戻ってきたからさあ大変。
テガンの鍜治場が本当に出来るとの噂でもちきりに。

この噂を聞きつけたチョンギョンは怒り心頭で、チョバンを叱りつけ、
鍜治場の管理を自分がすると言い出しました。

チョンギョンにそんな権利があるのかなぁ。
イビガの妻で跡継ぎを産んだからってこうも高飛車になれるのが不思議。
不幸な運命にも負けない立派な女性だと思ってたんだけど、
言うことが鼻につくというか、どうもいけ好かない女なのよー。

チョバンはイルソの誤解を解いて自分の鍜治場に戻ってきてもらおうと説得しようとするのですが、
恨みで一杯のイルソはろくに話を聞こうとせず、
テガンの鍜治場を作って俺が伽耶国の鍛治長だと証明すると宣言したのでした。

何もかも上手くいかないチョバンです。
製鉄技術を習得していくスロの成長が唯一の慰めでしょう。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。