スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンイ #11・12

2010/12/18 (土)  カテゴリー/韓国ドラマた行 同伊(トンイ)

#11
何とか粛宗に助けられたトンイは、協力を得ようと訪ねたことを話す。
判官を装っていた粛胸はその場をなんとかしのぎ、捕庁に向かい、トンイが明らかにしたオクチョンの証拠を直接目にする。またトンイの手柄によって助けられたオクチョンは、トンイを宮女として使おうと考えていた。
翌日、街にお使いに来ていたトンイは、粛宗と偶然出会う。
王の代わりに自分が褒美を与えるという粛宗。
そこにヨンダルとジュシクが現れ、4人は一緒にお酒を飲むことになった。
トンイと出会って、平凡な男として過す夢が叶った粛宗は、トンイも別人として生きたくはないかと訊ねる。
そこでトンイが奴婢ではなく、もっと立派な人になりたいと願っていることを察した粛宗は、オクチョンが言っていたようにトンイの才能を開花させるため、宮女にしようと決めるのだった。
そして翌日、トンイの下に、監察宮女に命じるという教旨が届くのだった。

#12
監察宮女となったトンイだったが、監察府の内部では賤婢だったトンイを受け入れようとはせず、チャン尚宮の推薦とあって大妃も反発していた。
しかし内命婦の長である中殿がトンイを監察宮女とすることを承諾した以上、覆すことはできなかった。
そこで監察府のユ尚宮は定期試験の規律によってトンイを追い出そうと企む。
監察府ではこの試験によって成績が悪い者は内人の資格を失う規律だったのだ。
何も知らないトンイは言われるがままその試験を受けるが、試験の課題は、トンイが読んだこともない書から提出された。
そのころ粛宗はトンイが宮人になることで自分が王であることを知ってしまい以前のように気軽な間柄でなくなることを寂しく思っていた。



#11
粛宗自ら駆けつけたのかと疑問に思ってましたが、偶然だったのね。
今回のトンイのお手柄に皆が感心する中、
監察府の官女たちは、「奴婢ごときに証拠を探された。」と面目丸つぶれで恥ずかしい思いを。
なんか大勢を敵に回しちゃったみたいだわ。

チョンスはヨンダルの家の間借り人に。
トンイに一歩近づきましたね。

オクチョンの兄、ヒジェが登場。
オクチョンは兄が戻ってくるのを心待ちにしていたよう。
「人を見る目があるからトンイと会わせたい。」と言っていたのですが、
都に戻ってすぐ女で問題を起こし、一族から鼻つまみにされてる放蕩息子。
変な高笑いして、所詮ヒジェか、と思ってましたが、
それは世を欺く仮の姿みたいですね!!
「私ならトンイを傍に置かない。尚宮のような人は一人で十分。
  なぜ翼を与えるのか?」とオクチョンに助言。
やはり先見の明がある人みたい。「チャン・ヒビン」とは大違いです。

トンイって中殿かオクチョンの尚宮になる人だと思っていたから、
監察府の官女と聞いてびっくり。
どうりで監察府にメジャーな女優がたくさんいると思ったよ。
でも、宮廷音楽から遠のいていくよね?
まあ、そっち方面で活躍したんだから当たり前と言っちゃあ当たり前で、
身分まで超えた破格の出世なんだけどさ、
トンイを逆恨みしている集団に入れるっていうのはどうかねぇ?
先が思いやられるわ。

#12
夢のような昇格で「私でも貴い人になれるかも。」と決意を新たにするトンイ。
掌楽院の皆はトンイの昇格に大喜びで、それと同時にトンイとの別れを惜しむのよ。
皆から可愛がられていたのね。

案の定、トンイは監察府の官女たちに総すかんを食らいました。
比較的好意的にみえたチョン尚宮も
「私たちの自負心を傷つけたんだから、覚悟して結果を出しなさい」と冷たいのよ。

序列がよくわからないんだけど、官女は楽員よりも上で、
中でも監察府は10年の修練過程を積んだ者しかなれない部署みたい。

これまで影の薄かった中殿。
粛宗から頼まれたからトンイを監察府に入れたのね。
最高尚宮からの抗議も有無を言わさず、オクチョンが収集をつけると息巻いても
「一歩引いたらどうだ?」と静かに諭そうとしてました。
なんだか格の違いを見せ付けられたようでした。
この中殿の前では、オクチョンが小物に見えたわ。

捕庁の部長になったヒジェ。
この位の地位が動きやすいそうです。
怪しい動きをしているチョンスを目ざとく見つけ、
手を結ばないかと持ちかけました。

オクチョンの息のかかったトンイを追い出そうと躍起になっているチェ尚宮。
どうやら試験に参加させて落第させるようです。
果たしてトンイは試験に合格するのでしょうか?








スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。