スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カインとアベル

2012/01/06 (金)  カテゴリー/韓国ドラマか行 カインとアベル

カインとアベル 
★SBS 2009.2.18~4.23(全20話)
★演出 キム・ヒョンシク「外科医ポン・ダルヒ」
★脚本 パク・ケオク「透明人間チェ・ジャンス」
★主要キャスト
ソ・ジソプ…イ・チョイン
シン・ヒョンジュン…イ・ソヌ
チェ・ジョンアン…キム・ソヨン
ハン・ジミン…オ・ヨンジ
★作品情報
 本作は、血のつながらない外科医兄弟の行き違う運命を描いた本格愛憎劇。
2004年のKBSドラマ「ごめん、愛してる」後に入隊したソ・ジソブにとっては、4年ぶりのドラマ出演。また、シン・ヒョンジュンも5年ぶりのドラマ出演となり、強烈なキャラクターで視聴者を魅了した。共演は「海神」の演技派女優チェ・ジョンアンと「イサン」で主演したモデル出身女優ハン・ジミン。
 監督はメディカルドラマの第一人者、キム・ヒョンシク。総制作費75億ウォン(約5億円)をかけ、約1ヶ月におよぶ中国ロケを敢行。迫真の医療シーンもたっぷり描かれた。平均視聴率16.88%
 ソ・ジソブはその年のSBS演技大賞最優秀賞を受賞した。

★あらすじ
 医師で兄弟のソヌとチョインは、互いに信頼の絆で結ばれていた。しかし、7年ぶりにソヌが帰国すると、愛する女性も、病院の経営権も弟チョインのものに。ソヌの嫉妬と疑念は、やがて彼をある陰謀へと駆り立てる…。

★感想
 普通のドラマとスケールが違いました。
 (無駄に砂漠まで連れていかなくても…っていう気もしましたが。)

ソ・ジソブとシン・ヒョンジュン。
目力演技に定評のある二人だからその対決が楽しみでした。
シン・ヒョンジュンの演技力は完璧で、期待を全く裏切らなかったのですが、
それ以上に、ソ・ジソブはすごかった。
寂しさや優しさ、絶望や憎しみをすべてあの瞳で表現できることが素晴らしいし、
ビジュアル的にも美しくて様になってるのよね~。
(決してシン・ヒョンジュンがビジュアル的にダメとかいう訳ではありません

また、重苦しい雰囲気の中でのハン・ジミンの存在がいい感じで緩衝材になってたかな。
一途で一生懸命。北訛りの言葉も愛らしく、とても癒され彼女が出てくるとホッとしました。

最後は、兄を助けたのかどうだか、よく分からないままラストに。
チョンインの言葉から推測すると、ソヌが無意識に(?)回復を拒んでいたんだよね?
それでも長くは生きられないよう。
酷いことをしたソヌ母の償いが描ききれなかったかれことは良しとしましょう。
制作費もかなり使って、映画のように美しい映像なのでぜひ観てください。


スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。