スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ATHENA-アテナ-戦争の女神

2012/01/30 (月)  カテゴリー/韓国ドラマあ行 ATHENA-アテナ-

アテナ 
★SBS 2010.12.3~2011.2.12(全20話)
★演出キム・ミョンジュン、キム・テフン
★脚本 キム・ヒョンジュン、ユ・ナムギョン
★主要キャスト
チョン・ウソン…イ・ジョンウ
スエ…ユン・ヘイン
チャ・スンウォン…ソニョク
イ・ジア…ハン・ジェヒ
★作品情報
 「IRIS-アイリス-」のスピンオフ。200億ウォンもの製作費を注ぎ、イタリア、ニュージーランド、ハワイ、日本などの海外ロケ、迫力満点のアクション・シーンを実現。
 主演は、映画「私の頭の中の消しゴム」のチョン・ウソン。15年ぶりのドラマ出演で話題を呼んだ。共演は、ドラマ「シティーホール」のチャ・スンウォン、映画「夏物語」のスエ、ドラマ「太王四神記」のイ・ジア、ドラマ「神と呼ばれた男」のキム・ミンジョン、K-POPグループ「SUPER JUNIOR」のチェ・シウォンら。
 また、韓国歌手BoAや東方神起のチョンミン、格闘家の秋山成勲、イ・ボヨン、チン・グら、豪華な顔ぶれがカメオ出演。さらにOSTには「東方神起」、「少女時代」のテヨン、「Brown Eyed Soul」なども参加し、ドラマを盛り上げた。
 日本のロケ地選定には、鳥取県を含む6県が競合。ドラマを通して知名度向上、観光客誘致などの経済効果を期待。鳥取県は3千万の制作費を支援した。最高視聴率25.9%、平均視聴率15.44%
★あらすじ
 「IRIS-アイリス-」の舞台となった韓国の諜報機関「国家安全局(NSS)」にある、テロ対策セクション「NTS」。そこに所属するエージェントのジョンウ(チョン・ウソン)は、世界各地での困難なミッションを通じ、石油市場から得た資金で勢力を伸ばす国際テロ組織「アテナ」とそのリーダー(チャ・スンウォン)の存在を知る。ジョンウら「NTS」は、韓国を巨大テロの脅威から守ることが出来るのか…。
★感想
  このドラマを観てた頃は、まだ東方神起のファンじゃなかったのよね~。
 今振り返ってみると、テーマ曲は彼らの曲だし、私の好きなチャンミンもカメオ出演してたし、
 ロケ地の鳥取も魅力的だったし、もう一回ちゃんと観ておきたいと思うドラマです。

 始まって早々イタリアでのミッションがあって、
 「アイリス」同様、世界をまたに駆ける規模のデカイ話だなぁ~と感心して観ていたんですけど、
 どうもジョンウの夢だったようで…、もう、ガクッと拍子抜けしちゃいましたよ!!
 それから行ったのが鳥取でしょ。
 なんで鳥取なの~??って不思議でなりませんでした。
 あんな場所で核開発してるだなんて、急にスケールがショボくなった気がしました。
 「アイリス」効果で秋田県が有名になったものだから、
 韓国ドラマのロケ地誘致が日本で盛んに行われてるとか。
 経済効果があるならどんどん誘致して~思うのですが、
 韓ドラ製作会社に踊らされているような気もして複雑な気分です。

 難しい話は抜きにして、
 アテナ鳥取県ロケ地めぐり観光ガイドのHPはとても面白いですよ~。
 韓ドラファンの心をくすぐる、遊び心いっぱいのサイトになってます。
 このHPを観たら鳥取を訪れたくなること間違いなし。
 私も暇を作ってミッションをクリアするぞ~!!

 だいぶ横道にそれましたが、
 「アイリス」のスピンオフということで、ちょいちょい「アイリス」の出演者が出てくるのが嬉しかったです。
 大統領は同じ俳優さんだったし、北朝鮮のキム・スンウは出世してるし、
 ソンファ役キム・ソヨンのサイドストーリーは非常にインパクトがありました。 
 テロ組織がどうのこうのより、人間関係や複雑な感情が面白かったかな。
 とくに、チャン・スンウォンの役どころは難しくて、主役より目立ってましたよ。
 スエのアクションも見事だったし、ドラマ展開も緩急あって楽しめました。
 このドラマはシリーズ化していくという話もあったそうですが、
 次回作の予定はまだ立っていないようです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。