スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乙女5人四国弾丸ツアー

2012/11/24 (土)  カテゴリー/日記

二日目です。
6時に起きて、ひとっぷろ浴びてから朝食。
2日目朝食 
鮎の一夜干し 
鮎の一夜干しが絶品!!
お土産で買おうと思ったんだけど、すごく小さいの3匹で1050円もしたから断念しました。

ホテル 
昨日は暗くてよく分からなかったのですが、外観もきれいなホテルでした。 

「観光スポットをどう回ろうか」と、きんつばをいただきながら相談し、
予定通り8時30分前に出発。

まずは、重要有形民族文化財の「かずら橋」へ。
番人 

遠くからこの人形が見えて一同びっくり!!
「あの人大丈夫?倒れてるんじゃないの~!?」って。
無人駐車場の管理人さん人形だったのね。
ちゃんと料金入れてあげました。

かずら橋 
かずら橋が見えてきました。

シラクチカズラで作られたこの橋は、平家の落人がこの地に住み、
追っ手が来たら切り落とせるように蔓で作ったという説があるそうです。

入り口 
通行料500円。お金いるんだ!!

CMで起用されて以来観光客が多くなり、老朽化が早くなって
3年に1回は架け直さないといけないんだって。

かずら橋 
               いってきま~す。

橋の下 

「ホントに蔓だけでできてる~。しかも結構高い。すごく隙間がある~!!」
と、ビビッてたら、Kちゃんが足を踏み外して挟まっちゃた!!
一瞬ドキッとしたけど、みんなで笑っちゃった。Kちゃんごめ~ん
木が湿ってるから滑るわ、揺れるわでスリル満点。
景色を楽しむ余裕がなかったです。
Kちゃんの落ちた片足とMちゃんのへっぴり腰が、今でも目に焼きついてます。

帰ってきてから知ったのですが、安全のためにワイヤーが使われてるそうです

橋からの景色 
   キャーキャー叫びながらも橋の真ん中でなんとか撮った写真

滝 
    琵琶の滝 平家の落人らが昔をしのんで琵琶を奏でた所

次は、さんざん悩んだ「祖谷ふれあい公園」

ふれあい公園 

「てんとうむしモノライダー」の無料券をいただいたのですが、
どうみてもお子様向けっぽいのよね。
Mちゃんが「見晴らしがよくていいらしい」という情報を得てたので寄ることに。

てんとうむしモノライダー 
         山肌に沿って走ってる~

出発 
               しゅぱ~つ!!


ん?案外高い…。んん??結構高い…。ってか、むちゃ怖い~!!


モノライダーからの景色 
         てんとうむしからの景色

安全ベルトもないのに、高いし、ガタガタ揺れるし、カーブが超怖い。
幼児向けどころか、逆に幼児1人で乗っちゃダメでしょっていう乗り物でした。
とっても眺めが良かったので、係員のお兄さんに「人に勧めるね」と約束しました。
見かけで侮るなかれ、「てんとうむしモノライダー」は最高です!!

お次は、大歩危峡遊覧船に乗船。(往復30分1050円)
遊覧船 
大歩危峡は吉野川の激流によって削られた峡谷で、
巨岩、奇岩が約8キロ続いてます。

待たなくても良かったし、日も差してきたので
「私たちってツイてるよね~」とるんるんで乗船。

船からの景色 

「大またで歩いても危ないのが大歩危。
  小またで歩いても危ないのが小歩危、―であります。」
船頭さんの軽快な説明を聞きながら渓谷美を楽しみました。

獅子岩 
            獅子岩(左)

澄んだ水 
水も澄んでてきれいでした。魚がわかるかな?

景色 
台風で水害にあった時は、左の建物の地下駐車場まで水位があがったとか。
自然の力は恐ろしいと感じた秘境でした。

一路は来た道を戻って善通寺方面へ。

お昼は長田in香の香(善通寺ICから5分)
香の香 
お昼時だったためか、行列ができてました。

釜揚げうどん 
           釜揚げうどん(大)350円

つゆ 
熱々のとっくりに入れられた出し汁。
どうやって入れるのか分からなくて店員さんに聞きました。

太目のもちもち麺で、お出しも全部飲んでしまいたいくらい美味しかったです。
釜揚げうどんならここは外せないでしょうというほど人気店だそうです。

腹ごしらえが済んだ後は、「栗林公園」へ。
栗林公園 

国から特別名勝の指定を受けた回遊式大名庭園で、
ミシュラン観光ガイド「わざわざ訪れる価値のある場所」として
最高の3つ星評価を受けたそうです。

紅葉 
   紅葉が真っ赤。夜はライトアップするそうです。

箱松 
                箱松
垣根のようにきれいな形の松の中を覗くと、脳の血管みたいな不気味な枝が。
自然にできるのではなく手入れしてるそうです。

ハートのツツジ 
         ハート型のツツジ

さくら餅 
          吹上亭の焼き団子

火鉢であぶったさくら団子を食べました。
柔らかくて桜の香りが上品で、とても美味しかったのですが、
乗せてくれたあんこが冷たかったのが気になりました。

栗林公園を後にして、高松港へ。
ここから第二しょうどしま丸に乗って小豆島の土庄に。
カーフェリーの時間まで余裕があってぶらぶらしたのですが、ここには何もないんです。
海産物のお土産屋さんを期待してたのにな…。

高松港  
      船のデッキから見た高松港

地図上ではすぐなのに船で60分もかかりました。
シーサイドホテル松風に到着した頃はまたもや真っ暗。
荷物を置いてすぐ食事にしました。

海も見えない一階で、学生時代に泊まったスキー合宿を思い出す
残念な感じのお部屋だったので、あんまり期待してなかったのですが、
食事場所は改装したばかりって感じの和風モダンでとってもお洒落。

晩ごはん 
             刺身、五種盛り

オリーブの塩漬けが癖がなく美味しかったです。
お土産に買って帰りました。

めばるの煮付け
 めばるの煮付け、鰆のたたき、いかの塩辛、食前酒

ステーキ 
             讃岐牛ステーキ

フグ鍋 
                ふぐちり

てんぷら
 
          天ぷら、茶碗蒸し、にゅうめん

デザートはメロンでした。
どれもこれも美味しくって海の幸最高!!
ボリュームもあってお腹一杯になりました。

食後は歩いて5分のオリーブ温泉へ。
マルナカ新土庄店と直結してるスーパー銭湯みたいな一風変わった温泉です。
16種類のお風呂があり、美人の湯と呼ばれてます。

オリーブ温泉 

露天風呂 
   瀬戸内海が見渡せる露天風呂(拝借もの)

一日の疲れも取れ、ぐっすり眠れました。
続きはまた後日。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントを書く

 
管理人にのみ表示
 

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。